たにんなら

ホテルを抜け出して、川沿いを散歩した。缶ビールを片手に、晩御飯でいっぱいになったお腹をさすった。ずんずんと歩いていくと真っ暗な無人駅がある。田舎らしい星空を見て星座の話もした。さっきより随分と饒舌だなと思った。それから少し歩いて、結婚の話もした。こないだの連休の話だ。

 

 

 

 

 

喧嘩をしたことがないくらい大好きな彼。7年ぶりに会った。前回は進路と部活の話をしたから、時の流れを感じる。大学の時からお付き合いしている子と随分と長く続いているようだから、このまま結婚するんだと思っていたが、別れることで決意は固まっているらしい。それなりに、他の人とも会ってみたりしているようだ。「結婚」をしたくないと彼は言う。なぜかと問うと「一緒に住みたくない」「自分の時間を取られたくない」と教科書のような、つい数ヶ月前まで隣にいた人と重なる回答におかしくなってしまう。別居婚は考えないの?と聞くと、そういう考えはなかったなあと答える。全く違う世界を生きているように思えた。間髪入れずに「なぜうまくいかなかったの?」と聞かれた。「結婚」したくないんだって。でもそれは、”彼”なりの優しさだったんだと思うと答えた。酔うねえ。

 

 

 

 

弟も連れて街に出てみた。祭りを見に行こうと誘ったものの、どこに山車がいるのかもわからず喫茶店に入る。祖母宅の周りは住宅しかないから、ひどく時間を持て余す。私ですら、予定を入れてなるべく街に出るのだから、土地勘のない彼はひどく息がつまるだろうなと思った。

ビールを片手に祖母宅の方に向かってダラダラと「給水ポイント」を探しながら歩く。弟が行きつけに立ち寄る間に「散歩」と称して一杯飲む。歩く。今度はここで飲もうか、帰りにケーキを買おうか。一回、ここに酒を置かせてもらって、このお店に入ってみようか。喫茶店良かったなぁ、また行きたい。楽しそうにする彼と、酒に飲まれてハイになる弟。大人になるっていいなあ、と思う。別れたらお金が浮くなあ。と彼はまた言う。別にこんな風なデートでいいじゃんと私は言う。そうもいかないんだよ、早く別れたい。でも話したくないと言う。わがまますぎる。弟ともそれなりに何かを話したんだろう。彼らの視点での恋愛は私にはわからない。彼は、盛岡は美人が多いとすれ違う女の子を見て毎回言う。来てから5人くらい好きになってるとはにかむ。悪い男だと思う。その優しい人柄で何人でも捕まえられるだろうに。

 

スーパーで母と待ち合わせをして、トイレでゲロを吐く弟を待つ。「25歳までに酒の飲み方覚えてくれればいいな」とこぼすと「あいつはバンドマンだからあれでいいんだよ。かっけーじゃん」と返ってくる。私は彼のこういうところが好きだ。

 

10日もあれば

 

心の揺らぎはかなり大きい。

 

 

前回の記事で固執している自分を見つけて、今は手放す準備が整ってきたように思う。

昨日一日中イライラしていて(これは家族に対して)、物に当たったり癇癪を起こしたりしていたわけだけれど、その中の一つに彼とのこれからを想像してしまう出来事があった。

夢を見た。あの時と同じように冷たく罵倒されて一方的に突き放される夢だった。起きてからずっと悲しい気持ちで何もする気になれなかった。

夕方になっても声を上げて泣いたり、食欲もわかない(でも冷しゃぶサラダに水餃子ぶっ込んで食べた)、珍しく自分のコントロールの仕方がわからなくなっていた。友人が連絡をくれていなかったら今日も同じように鬱々としながら泣くのをこらえて仕事していたと思う。

 

しかしそんな予想は覆って今日は非常に穏やかな気持ちで朝から過ごしている。大きいのは彼との距離感について。今後連絡がこのまま疎遠になってもいいかと、どんと構えている私がいる。これでいいのかもしれない。

幸いにも最近は職場でやたらと雰囲気が変わったと褒められることが増えたから少し自信がついた。というわけで私は私を愛して生きていこうと思った。

固執すること

 

盆なので、両親と弟が墓参りをしに沿岸に行ってきた。私はというと、誘われたけれどこの酷暑の中、猫を置き去りにするのが可哀想すぎて行けなかった。案の定一日中ご飯もろくに食べずに玄関先で寂しそうに泣くか外を見ながら座ってる姿を見て可哀想だなって思った。私に懐いていないから仕方ないけど。

 

 

帰宅した両親から話を聞くと、久しぶりに弟が付いてきたから各親戚回りと友人宅と海に行ってきたようだ。楽しそうで羨ましかった。

 

仲は悪いけれど年に一度くらい祖父母に会う。私は5年くらい会っていないけれど、祖母ががんになってからなるべく挨拶だけは行くようにしたようだ。久しぶりに見た祖母は今までみたことないくらいふっくらとしていた。

 

 

昨日、友人と結婚について考えたことがいくつかあった。きっかけは先週の帰省時に「彼との関係」をどうするのか?と友人に問われたことから始まる。どうなりたい、という終着点がないから別にどうなってもいいけど漠然というなら一緒にいたい。ただ、その関係性になにかを求めたい気持ちは収まってしまったように思う。恋人でも友達でもその狭間でもそれ以下でもあまり気にしなくなったように思う。もちろんどこかで期待はしているけど。

 

 

 

今回の両親の帰省で真っ先に思ったのが、私も行きたかったなあということで、でももっというなら家族と行くのではなく帰りたいというのが大きい。彼の存在に固執しているのは、彼と一緒になれば私はいつでもどの立場でも故郷に帰ることができるというなににも変えがたい大きなものを手に入れられる。私は多分それがほしい。

 

 

じれんま

 

遠距離、中距離、近距離なんでもいいけど、他人と会う頻度についてぼんやりと考える日が何日か続いた。

 

遠くにいると、どうしても何してるか気になっておかしくなる。会える時に空いた時間分を埋めようと前日に必死になってる私が眼に浮かぶ。かといって1日一個しか予定決めたくないから毎日会うとか拷問すぎる。

 

 

この一年は、私が会いたい時にお伺いを立てていたけど、最近嬉しいことにあちらからも急なお誘いが何回かあって、半月に1度は野球に行ったりご飯に行ったりした。でもなんだか疲れてる私がいる。急な誘いなのもよくない。最近はちゃんと気をつけて毎日なるべくちゃんとした服を着て箇所をしてるけど、ボロボロの時に会おうと言われるストレス。

こんなに好きなのに〜とかいいつつ、文句が多いよね。わかる。ごめん。でもわかるでしょ?

 

 

長時間一緒にいれない。家にはいれる。一緒にゲームしたり野球みたり、飽きたらゲームしてる横でそれみてるし昼寝したり足の指の毛抜いてみたり。スーパー行って一緒にご飯作ってみるとか。一日中一緒にいて退屈しない。

外では4時間が限度だなって思った。こないだの野球の試合5時間超えたんだけど途中からお互い飽きて帰りたくてでも帰りたくなくて寝っ転がりたいし靴下脱ぎたいしずっと外だから鼻くそ溜まってくるし、イライラが双方から放出しまくり。嫌いになりそうだった。夢の国なんてこの人とは行けない。秋に埼玉まで車で行こうとか考えたりしてるけどぜったいやめたほうがいいと思う。行きたいけど。新幹線にしたい。

 

 

月に一回でいいんだよなあ、会うの。

わがまま言うなら、その一回はデート。のんびり過ごしたい。もう一回会うとしたら、仕事終わりにサクッとご飯かスタバに行くくらいでちょうどいい。平日のほとんどを野球の話をして過ごしてて、会って話すことそんなにないし。

だから勝手に次会うのはお盆の最後の方って決めた。会わなくてもいいくらいだけど、ヒゲ伸ばしてるのが見たい。

 

でもなんか今日すごく会いたいなーとか思うじゃん?そういう時どうしようって思うのね。

でも先週会ったばっかだしそもそも暑いから外に出たくないし。同棲したい。パピコ半分こできるし、フラペチーノ飲みきれなくても飲んでくれるし。理由がしょぼい。会わなきゃ会わないで1週間長いな。

 

 

離れる

 

忙しかった。前回の日記から、休みなのにずっと体が休まらなくて体調も崩して今日に至る。仕事の方は、年間で唯一忙しいであろう山を越えてまた平穏な日々に戻った(ということにした)。

 

 

2018年は、序盤でペンのチョイスをミスってスケジュール帳を投げ出した。9月始まりのものが6月まで売っているわけもなく、渋々3ヶ月分の空白を埋めて使うことにしたのだけれど、日記を見返したところで人に会ってなさすぎて空白が目立った。野球のスコアを書いてごまかす。

 

遠方の友人と電話して過ごすことが増えたからか、あまり外に出ることがないことに気がついた。お酒も飲まなくなったからお誘いもないし、そもそも時間を割いてまで会いたいと思う人がいないようだ(違うなあ、体に鞭打ってまで会いに行く体力がなくなったって感じかも)。

 

強いて言えば、美味しいお菓子を貰ったとか野球のチケットが安いとかと、なにかしら理由をつけて彼の人とは会っているくらい。でも一日中一緒にはいないからここら辺も変化だと思う。

 

 

久しぶりに読んだ「僕の好きな人が、よく眠れますように」は、相変わらずバカップルが世界を平和にしていた。読めば読むだけ、私は彼のことが好きなのだろうか?と悩む時間が増える。悩んでる割に答えも見つかるけど、その答えを受け入れるつもりはさらさらない。

暇だから毎日ネットで水着を探して、明日くる給料日を楽しみにしてバーゲンの予定を立てる。あっという間に今日が終わって行く。

刺激的な車内

 

ラーメン屋の行列に並んでいる最中に、コンビニのトイレに行ったついでに、行きの車内で話題に上がったシゲキックスを購入して、カバンに忍ばせておいた。ラーメンすごく美味しかった。

 

 

 

帰り道、手のひらに一粒乗せてあげたらこんなのシゲキックスじゃない!って怒り始めて、舌に触れる面積が大きくなったから酸っぱすぎて唾出る!て喚いて、そもそも、シゲキックスはあのへっこみに舌をはめるのがセオリーじゃん!!っていうんだけど、まってそのへっこみに舌くっつけるやつめちゃくちゃやったわwwてなってひぃひぃ涙目になりながら笑った。ラーメン全部出てくるかと思った。

 

 

 

それだけの話。

 

液晶の君

 

好きなあの人がラインに一回しか返信くれないんだけど、Switchのログイン状況みるたびにゲームしているから毎日毎日仕事と同じくらいやってて偉いなあ〜て思っている。今日も頑張ってる。

 

私はその液晶を、職場で飼ってるエビが餌食べてるときと同じ気持ちで見てる。