読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ころころこころ

 

ーーー夕方、5時

 

この歌い出しを久しぶりにイヤホンから聞いて退社。田中とよく聴いていたなあ、私の病んでる時のプレイリストwith二十歳の若かりし私。待ち合わせ予定まで1時間あるから鏡に向かって化粧直して、仕事中はしないから控えめに久しぶりの香水をつける。意外とまだちゃんと女子できるなぁって、ニヤニヤした。

 

ちょっと遠回りしながら夜ご飯のカレー屋さんに向かう。車内は共通の小さな小さな地元の話だ。芋づる式とはまさに、な会話。レバニラの話をしたかったのに、唯一あるラーメン屋の名前を出した途端にいつも頼むメニュー、店の汚さ、味のムラ…もう話は止まらない爆発寸前。小学校出会ったこともないのに、気持ちは小学生まで戻っていて、好きだった子の話と寄り道のルート、秘密基地の場所、ふと思い出した学校歌の歌い出しを答え合わせして、出会えてよかった!とケラケラ笑いながら目的地に到着。

 

「笑いこらえる準備して」と言われて扉を開けるとそれはもう早口で片言な日本語とナマステ〜の挨拶。普段の私ならすぐ真似してモノにして帰り道まで引きずるのを、グッと我慢して…たけどまあまあ無理だった。あれは面白すぎた。

 

ショッピングモールの駐車場で話足りない分を消化する。まあ、よく笑ってよく話した。私の中で一番の故郷の話を出来たのがよっぽど嬉しかったらしい。気付いたら助手席の窓が真っ白に曇って笑った。ドライブの始まりだ。

 

 

 

 

両親と、向こうの祖父母は仲が悪い。幼心にそれは感じていて、近所に住んでいてもあまり良くしてもらった記憶はない。きっと祖父母は可愛がりたかったのだろうけれど、甘えたらいけないと教えられていた記憶がある。祖父母は孫は好きだけど、父母が嫌いだったから隠れて可愛がってくれた。親を嫌うことはあっても、親に心底嫌われたことがないから父の気持ちがわからない。でも父は可哀想な環境で育ったと思う、でも、実親の代わりに愛情を注いでくれた親戚が沢山いて幸せだなとも。親戚はみんな祖父母以上に私を可愛がってくれたし今も沢山お世話になってる。

 

従兄弟はおもちゃもゲームもお菓子も何でも買ってもらって、私は我慢するのが当たり前で。でもそう、一度だけ母と喧嘩をして泣きながら30分くらい歩いて祖母に会いに行った。食パンの耳を揚げて砂糖いっぱいかけてオヤツをこさえてくれた。庭にはキウイがなっていてその下に大きなシベリアンハスキーを飼っていた。リュウは私よりも大きくてバカで食いしん坊。七五三の時に私の大事なアンパンを奪ったバカヤロウだ。老衰のタイミングで虫に刺されて死んでしまったけれど、たまにリュウの匂いだ!と思う時がしばしばある。だいたい肥やしの匂いかホームセンターの園芸コーナーだ。臭かったんだね。

 

 

母は嫁いできたから地元愛の方が強い。父は生まれ育った街だから、一通りの思い出が完結していて外に抵抗がない。弟は幼稚園までだからどうなんだろう。なんだろう、それぞれあの街にかける思いが違う。私はあそこで好きな人もいたし友達もいたし、将来のことも考えた。釜石、盛岡、いた時期は半々で友達は盛岡にしかいない。でも面白い記憶は釜石の方が多い。

津波が起きた時、釜石に行きたいという私に母親は理解ができないという顔をした。木登りも探検も、屋根に登ったりエアガン撃ったり、秘密基地作ったり盛岡ではしなかったよなあ。それが記憶の差なんだと思う。あの用水路沿いを小さい足で40分歩いて寄り道して喧嘩して学校に遅刻したのは、あれは多分私が人生で一番グレていた時期だったかもしれない。ずっと我慢してた話だ。なんだったら忘れ去るのがベストで、きっと次あの街に帰るのは祖父母のお葬式だと思っていた。少し時間が違っても同じ景色を共有出来るのは心がコロコロと鳴った。

 

 

お互い、8年、5年と向こうでいう都会に出てきて普通に生活していたはず。転校してイジメの原因になったから一生懸命直した訛りが、ちょっとずつ運転席から聞こえてきて、さんざんいろんなこと引きずってうじうじしていたけれど誰かを好きになる理由なんてこんなのでいいのかもしれないと思った。

広告を非表示にする

はるのにおいだ。

 

年度末になって、地下鉄に少しふわついた若い子が乗ってくる。5年前の私もこんな感じだったのかな。憧れの一人暮らし。歩いてスーパーに行けるとか、中心街まで自転車で行けるとか、最寄り駅があることとか、バスが10分おきに来ることとか。何もかも嬉しくて仕方なかった記憶がある。この際妥協した家具もすべて許そう、引越しして仙台を満喫したいと一週間も居座ったおばあちゃんも許そう。初日の夕方は、お互い地元は中心街までバスで30分はかかっていた場所から、ご近所になったみんみんと近くの西友で待ち合わせをして買出しをしたのだ。当時のみんみんは真顔で私に「キノコ生で食べれる?」と聞いてきて、そこからほとんど毎日一緒に夜ご飯を食べた。みんみんの作るミネストローネはとんでもなく美味しい。あと生姜が入った具沢山のお味噌汁。誕生日にはハート型の人参を添えるまさに女の子、見習いたい。

 

 

今、座席の隣に座る男子2人。一人暮らしの話と春からの大学の話をしているのが面白い。この薄着の具合だと北から来た人たちだろうか。

 

 

去年の今日は、某催事出店の搬出日で去年の明日は東京にお上りさんした。年度末の東京、人でごった返していて具合悪くなってそこで更新したインスタで、私はこの春からの仕事と出会った。生活とは凄く不思議なものだと思った。憧れだった美容室に行って「え、このままの髪で良くない??似合ってるんだけど」と言われて「これで仙台居ると頭悪く見えるから嫌なのです」と、けんさんにきれいな色に染めてもらった。お土産に持っていった笹かまぼこ喜んでくれて、最後のオイルを塗りながらヒデキさんが「瞳の色と一緒にしたんだ。綺麗なグレイでしょ?」なんていうからすごくドキドキした覚えがある(笑)しばらくカラコングレイだった。で、横浜で浴びるように酒飲んだ。ライブにも行った。

この貴重な日々に、人混みと乗り換えのストレスで胃腸炎になって引くほど寝込んだ。

 

 

春は、なんだか不思議な匂いがする。新しい革の匂いと、糊の効いたシャツの匂いと、引っ張り出したキャリーとボストンバッグの匂い。別れの季節で、出会いの季節。私は明日、どうやらすごく運命的に出会った15年振りの同郷の人に会うらしい。ラインの画面が故郷の話でもちきり。ずーーっと誰かに共有したかったあの、ドレンチェリーのアンパンマンをわかってくれる人がいた。涙が出そうだ(一滴も出ないけれど)

広告を非表示にする

もん。

 

今日はなんだか書きたいことが沢山あって、でも全部整理することが違うから記事がたくさんになっちゃった。しかも全部中身がないっぽい。もうしわけねえ。

 

 

喧嘩という程でもないけれど、私が好意の履き違いをしたせいで相手がすごす怒っている。というか参っているというか、なんだろう、ちょっと怖いと思った。

頭の中が苦しい。私の好きは、あの人に届かないのに。とずるずる引きずって周りに流石にそろそろ諦めろと言われている平行線上で同じ人を生んでいたかもしれないと知って嬉しいやら申し訳ないやら泣きたい気分だ。でも私が泣いたところで一番泣きたいのは彼だと思うから我慢しようと思った。難しすぎる。

 

 

結局5千円払ってみてもらった相性占いは効果を成すことは無かった。なのにここに来て予言されていた3月の恋愛運について的中されて吐き気が止まらなくなっている。このままじゃあ10月、酒の勢いで不倫関係に陥るていうやつ当たってしまうからそろそろ禁酒する。

広告を非表示にする

はつらつ

 

 

時代、SNS、出会い、別れ。

春からの不安がしんどくて今日は友達作ろー!と久しぶりにSNSに頼ってみた。地元が同じで話が合うからメッセージのやり取りを、ポツポツとしていたら「ちなみに地元もっと狭めるとどこらへん?」となって出身市の話になる。どうやら同じ市内で生まれている。小さな市だから嬉しくなってまた範囲を狭める。小学校も一緒だった。「千葉先生て覚えている?」と聞くとたくさん出てくる懐かしい人たちの名前と、場所。近所のスーパー、駄菓子屋、盆踊りする公園。

 

 

「は つ ら つ 公 園」

 

 

小学校三年生ぶりに発したと思う。場所を思い出すのも大変だった。そこから3件の駄菓子屋さんと商店の話になる。意外と世間は狭いのだ。

 

 

 

 

広告を非表示にする

たなか

 

今日は田中と、田中彼氏さんと3人でご飯に行く約束をしていた日。話には聞いていたし、いい人そうなのは田中の話を聞いて想像出来ていたけれど、まあいかんせん、私は田中が大好きだから田中が取られちゃった気がしてもやもや。ふふ。

 

 

普通にすごく優しそうな人だったし、私と田中がいつも通り喋らせて貰ったりとか、田中がキャピキャピしすぎていなかったのがなんだか良くて普通に美味しく楽しくご飯を食べた。田中が私に気を回しているのもちょっと面白かった。いい時間だった。

 

 

広告を非表示にする

3:22:14

 

穂波との通話時間が長い。いつも申し訳ないほどたくさん話を聞いてもらう。彼女いわく私は歩く記事らしい。いつもなにか話すことがある。ごもっともです。

 

 

濁りなくまっすぐ向けられる好意が怖いという話をした。好かれているであろう実感は幸せだし嬉しい。湾曲した好意を求めてしまうのが私の良くないところだと思っているけど、本能がそちらを求めるのだから仕方がない。私を見てない人がすき。ちょっとだけ振り向かれたときに、すごく嬉しいから。

 

 

でもそうだね。ちぃちのおかげでまっすぐな愛情にも少しずつ耐性はついてきたと思う。あくまでもう一人自分がいると仮定してのお話だけれど。

 

 

 

広告を非表示にする

第六感

 

昨夜流れていたRADWIMPS。なかなかに前のアルバムで中学時代に聞いていたなあと、テーブル大陸の各地から口ずさむ声が聴こえる。

 

 

今読んでいる本。

野田洋次郎さんの「らりるれ論」まあまあなんともタイムリーな。3分の1までゆっくり読み進めていたけれどここ1週間お休みしていた。今日は鞄に詰めてコーヒースタンドまで持っていく。半年分書き溜めた日記を、再び読み返して追記やら、その時の心情やらをまとめている1冊。書き方が面白いなと思ったのと、彼は過去の記憶がすごく強く残っているのが印象的で手に取った。

 

昨日はるたかさんに記憶の話しされたけれど、この本読んでると一緒に記憶を引きずり出される気がする。おすすめですよー!

 

 

 

 

スタンドのドアを開けたらりんごちゃんがいて、わあ、ちょうど会いたかったの〜て心が踊る。いい話かどうかはわからないけれど話したいことが3つくらい溜まってた。ちょぼちょぼ話しながら仕事をするりんごちゃんは、やっぱりすごくかっこいい。

 

 

 

追記

話したかったことの一つに年末から続く話があって今ならつながると思って話した。意見が一致してスッキリした。

もうひとつはここ三連休の話。とある女性についてなにか感が働いてちょっともやもやしてた。話して大丈夫そうなら聞いてみようと思ってこぼしてみたらビンゴでちょっと2人で笑った。そして最後は、なんかむずむずしたから帰ろうと思ったけど、立て込んでてお会計できなかったから待っていたら、スイートパニックがいつもより3時間以上早くやってきた。流石に今日は持ってると思った。

 

広告を非表示にする