パリピとわたし

 

最近は日勤まみれの私ですが、だいたい早朝から夕方までいる課長と、別部署の(風吹いたら飛びそうな細さな)社員さんと、朝からやたらテンションが高い可愛いお姉さんが迎えてくれる。

天気の話して、昼ご飯なに食べるか〜とか昨日のお客様が〜とかごくごく日常的な会話をぽつぽつしながら業務に向かうわけです。

 

 

今朝はどうでしょう。扉を開けて目に入ったのは、ちがうな。耳に入ったのは、だなあ。朝から勘弁してくれよ〜くらいのハイテンションな1人の話し声で、すれ違いざまに疲れ果てた夜勤スタッフが帰ってっても超元気なのね、パリピって。すげーなパリピ。

 

まだ入って1年は経ってないんだけどなかなか仕事が出来るパリピ。入社後一番最初に担当スタッフになったのが私です。ははは。彼に育成されてました。

 

 

もともと、古株のお姉さんと、全国に引っ張りだこの主任さんに面倒見てもらってた私がお下がりしたわけです。初対面から3日でチャン呼びのタメ口で、でも一緒に仕事すると成績あがるのがもーーなんとも。はい。むかつく。

 

 

基本的に仕事は楽しくしてる。パリピには、成績奮わなくて拗ねて仕事しなくなるのもすぐに見破られてしまって、その度に餌付けされたり電話かかってきたり。おかげで日勤と夜勤に離れて担当じゃなくなっても続けてるんだけれど。

 

 

そんなパリピ、私と目が合った瞬間声のボリューム二割増で私の名前を呼んできゃっきゃきゃっきゃとお話をしだして、脳みその揺れがすごかった。ライブハウスのスピーカー前みたいだった。

課長から最近の私の成績聞いてますます元気になって、ここ4ヵ月くらいのことを褒めてくれたのだけれど、その直後今月の成績を調べだしてすげーすげーと褒めて持ち上げたあと、今月は比較的いける月だから平均三割増しよう!とか言い出して思わず暴言吐きそうだった。

でも彼のいいところは、少し高望みだけれど私が泣く手前で辞めることと、私にもわかりやすい具合的な時間配分とかを提示してくれるところ。言う通りやるとだいたい伸びる。

 

まあ結論、いつもの倍の成績上がって私の記録塗り替えて、なんだったら日勤の奇跡と言われてパリピに感謝。

この人たちが前職の上司だったら私も少しは仕事に楽しさ見いだせたのかなーー。とか。職種にもよるかぁ。

 

 

広告を非表示にする