読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざぷん、

 

いつもより穏やかだけど、それでもいつも通り荒ぶる日が来る。まず、天気がいいと思って玄関開けたら雨がちらついていたから、-15。

 駅で学生時代の後輩と合流して、ハンバーグを食べて、苺みるくを飲みながらわあわあと話をする。お久しぶりです、と言われたけれど実際のところ先週も会っているし、私の大好きな人たちをみんな一気に紹介できたくらいきっと私にとってすごく可愛い存在なのだと思う。+15

ラインの画面には今日のボルテージの高さのやり取り。-5

返信して、返信あり。-5

きっと私が思っている以上に元気ないかもって、元気でそうなの買って待ち合わせ。人の多さに吐き気 -30

 合流してお土産みせたらリアクションあり。+10

現地に向かうも冷たい風にさらされて下がりゆく。

 

 

合流て、解散〜て感じ。

集合は、放流!て感じ。

 

 

一緒にいる時間が長くなって、そんで波が合ってくるとなんとなく落ち着く。ここ3日間はそういう人としか会ってなかったから、知らない人に会ってご飯たべるっていうのは削れていく感覚がある。ごく自然に、よりフレンドリーに接客モード。話し方、テンポ、クセ、好み、いろんなこと集めてしまう嫌な私がこんにちはしてしまう。いい人たちってわかってるから30分くらいで簡単にハッピー野郎になってるんだけどさあ。

 

結果たのしくご飯食べてたくさんお酒飲んで笑った。私は誰かとご飯食べるのがすごくすき。 ちょうど一年前にここに連れてきてもらってなかったら私、シェアハウスに住んでみようて思わなかったな。もう一度長いあいだ住みたい!とは思わないけれど、冷蔵庫の中が賞味期限きれそう助けて!て言われたら喜んで飛んでいくかな。

(ここまで書いて酒に溺れて寝落ちした)

 

 

 

 

 

 

 

今の私には「肩書き」がない。

これは去年から私に課せられた課題でもありながら、できれば触れたくない部分でもある。学生、保育士、カメラマン、デザイナー、OL、似顔絵やさん…私の周りにも一言でその人を表す肩書きを持ってる人がいるし 私もそうあるべきだと言われた。じゃないとフリーランスは仕事がとれない。

でも納得がいっていない。

肩書きを得たとたんに私は肩書きの人にならなければならなくなって、別のことを生業とできない気がしている。多分そんなルールどこにもないけれど。「考えるひと・つくるひと」で名刺を作った時もあった。でもそれは自己紹介で使えない。ややこしくなるから。

 

先日も、何をしてるのか聞かれる時間があって、私は今自分がしている仕事を楽しいと思うから問題なく口に出せるけどでももうすぐ違う仕事も始めるから次会うときには仕事が変わってて、そうすると肩書きが変わる。めんどうくさい。そういう時は大抵周りの私を知る人が「いろんなのをつくるひとだよ!」と添えてくれるから、それに乗っかるか「たまに仕事してます」ていう。それでも深く掘り下げられるからやっぱり肩書き作ろうって思う。笑

 

私の生業は、私であること。いま何より優先するべきことは、まれに襲いくる大きい波から自分を守ること。情緒不安定云々ではなくてね、涙腺がいかれてるからたまに手に負えなくなる日がある。朝起きて、わあ仕事したくない。今日仕事したらやばい。ってぼんやり思うと朝ごはん食べてるだけなのに、千尋が食べるハクのおにぎりのシーンみたいに涙出てくるし、仕事仲間がコーヒー片手に現れただけで世紀末みたいに泣けてくる。どちらも特に感情はないんだけど。周りに引かれるからやめたい。

 

こんな日はね、ぷっちんぷりんたべて寝るに限るの。

 

でも成長した私はそれを見越してちゃんと仕事終わらせてきてたもんね。成長したぞ鈴木。週末まで一回休みだ。

 

 

 

 

広告を非表示にする