読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うんめいのひと

 

クリスマスぶりに下田と待ち合わせをした。15分遅れるてラインをしたら、私も今15分遅れるて打ってたwと返信が来てちょっとにやってした。元気そうだ。

 

 

日が登る前に出勤して働く下田の姿を想像出来ないけれど、頑張ってはいるみたい。ただ、お互いに「ひとつの仕事1年以上続けるのしんどい」が口癖で、彼女はちょうど来月で今の職場に1年という節目を迎える。

 

「あのね、お腹はすいてる。でもいっぱい食べれないの」が必ず下田がいう言葉で、帰り際は「一緒にいるとなんか食べすぎちゃうんだよね。これ具合悪くなるわ。明日仕事ばっくれたいなあ」て言う。くずだ。そこが好き。

 

 

今日は焼鳥チェーン店でここ三ヶ月の近況報告をした。二月はお互いあまり体調良くなかったから、季節の変わり目消えちまえ!て悪態ついてジョッキ煽った。

会う度になんとなく思っていたけど今回一段と強く感じたから「私、下田と出会ったのは生きるための運命だったと思う」ていってみた。デザインやってたから、ものづくりしていたから出会った人たちと違う、きっと下田とは全国どこにいてもきっと出会ってたと思うなにかがある。「あのね、先月死んでた時同じこと思ってた」て返ってきたとき少しほっとした。

さらにいうなら、私たちを社会的に生かしていてくれた社員さんにお礼を言いたいという話にもなった。

 

それから、同じバイト先の先輩を好きだったことも判明した。

 

 

「なんかねぇ、甘いお酒飲みたかったんだよねぇ〜。これハイパーにウォッカだわ。」ていいながらマドラーくるくるして小声で「うーー。たばこがすいたい。」とこぼす下田が誰よりも好き。彼女といる時だけ、私たちはお互いに鮮明に死を連想する。

 

広告を非表示にする