拝啓 へりくつ王子様

 

深夜の帰り道は寂しいです。心臓がキシキシ鳴る。今日は、ギシギシいっています。多分もうこんな風に会えないかもなんて考えたからかもしれない。一階までのエスカレーターがやけに速くてうーん、うーんてなりながらタクシー探して歩きました。今日はユキさんも盛岡に行ってしまうから少しナイーブです私。

でもね一日中、盛り沢山だった。早起きしたし、ジタバタしたし、歩いたし、田中に会えたし、みんなとご飯も食べたのです。家族の存在に四苦八苦する私にとって、この一ヶ月で家族といる時間が減ったのはいいことだと思う(重なるタクシー代を除いて)。

 

 

早くから仕事だから、終電前に帰るって決めてたの。それに、30分前まで行っていいのかも心配でうじうじした。みんなで食卓を囲む風景は家族でなくても好き。家族でないほうが、もっと好き。ここ数日、かのブログや会話で聞いていた人が目の前にいて顔がわかるのは素敵なことだと思いながらお酒を飲みました。今日それができたと言うことは、これから先、顔や声や仕草を想像しながらブログ読めるのか〜、FBみれるのか〜て無理矢理ハッピー思考。なんか今日は自分の中のモヤモヤを言葉にしてしまって不快になってないかなとか、今になって後悔しています。いつもは1人で篭る時期だから余計に、誰かと話せるのが心を楽にした。けど、悪口にとられてしまったかもしれないなあていう今更ながらの布団の中の反省会。なーう。

 

 

そんな反省会も、ああやばい!見られてるのか。てなるけどそれはそれでこれはこれ。文章を好きだと言ってもらえるのは嬉しいし、140字の世界にモヤモヤとエゴを擦り付けてしまっている現状、ここはゆくゆく城になるのです。

 

家までの坂道で、カメラを入れた紙袋を持ってないことに気がついて大変。やってしまった、明日現像に回してこの熱が冷めないうちにデータを見返したかった。そう思って部屋についてカバンを置いたら、カバンから紙袋出てきました。なんだよ!

でもきっとそれはどこかで紙袋を忘れていればまた会えたかもというメンヘラ鈴木の登場もあるのかもしれない。あの日ネックレス置いたままにしなかった時の心情に似てた。はは。

 

 

冷えた布団の中で、一度記事をたたんでメール読む。今日は雨に濡れなかったか。展示は楽しかったか。怪我はしなかったけど腰をやってしまった。とあって、うああ見なきゃよかった。朝にしとけばよかった。てなってます。

屁理屈を言い出したあの日の顔を思い出す。なんだよもう、頭の中やっぱりいっぱいだ。とうの昔に私の完敗はわかっていたのだから意地張らずに白旗振ればよかった。こんなへりくつに心奪われてるなんておしまいだ。悔しいなあむかつくなあ。て思うけどその感情を沸かせてくれる人が好きなのはずっと変わらない。え、何の話だっけ。楽しかったなあ〜。美人さんたちと飲むお酒最高ていうことを共有したかったの。できれば顔みて話したかったなー、とか。とかとか。

 

かしこ