3:22:14

 

穂波との通話時間が長い。いつも申し訳ないほどたくさん話を聞いてもらう。彼女いわく私は歩く記事らしい。いつもなにか話すことがある。ごもっともです。

 

 

濁りなくまっすぐ向けられる好意が怖いという話をした。好かれているであろう実感は幸せだし嬉しい。湾曲した好意を求めてしまうのが私の良くないところだと思っているけど、本能がそちらを求めるのだから仕方がない。私を見てない人がすき。ちょっとだけ振り向かれたときに、すごく嬉しいから。

 

 

でもそうだね。ちぃちのおかげでまっすぐな愛情にも少しずつ耐性はついてきたと思う。あくまでもう一人自分がいると仮定してのお話だけれど。

 

 

 

広告を非表示にする