読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はつらつ

 

 

時代、SNS、出会い、別れ。

春からの不安がしんどくて今日は友達作ろー!と久しぶりにSNSに頼ってみた。地元が同じで話が合うからメッセージのやり取りを、ポツポツとしていたら「ちなみに地元もっと狭めるとどこらへん?」となって出身市の話になる。どうやら同じ市内で生まれている。小さな市だから嬉しくなってまた範囲を狭める。小学校も一緒だった。「千葉先生て覚えている?」と聞くとたくさん出てくる懐かしい人たちの名前と、場所。近所のスーパー、駄菓子屋、盆踊りする公園。

 

 

「は つ ら つ 公 園」

 

 

小学校三年生ぶりに発したと思う。場所を思い出すのも大変だった。そこから3件の駄菓子屋さんと商店の話になる。意外と世間は狭いのだ。

 

 

 

 

広告を非表示にする