読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しょうゆ

 

 

安いバックパックだったけれど使いやすくて好きで、でもチャックがバカになったから捨てるつもりで押入れに閉じ込めていた。ふと思い立ってお直しの方法を調べたら私でも直せるイージーモードでさっそく挑戦。無事に直ったからもう少しだけ一緒にいてもらおうと思う。せめて丁寧に使うように心がけよう。笑

 

 

 

 

盛岡にやっとの思いで到着。仏前にお土産を置く。気付いたら鼻歌まじりで手を合わせていたのは、しばらく家族に言うつもりはないけれど、おじいちゃんには一足先に紹介しておこうと思ったからかもしれない。

きっと「なんでお前もそっちに行くんだ」と母の時みたいに駄々をこねるだろうけれど、25年前とは違って新しい道路もできたし、いいんじゃないかな。

今まで好きになった人と真逆のタイプで少し困惑しているけど、ふと田中と呼び間違いをしてしまって色々納得して胸に落ちてきたところだ。

 

 

 

 

それはまるで少数部落の若者が、都会で出会った嬉しさからお付き合いを始めちゃいました☆みたいな現在。

彼も私と同じく、あの小さな町内会の話を出来るのがこんなにも楽しいなんて!とよく口にする。地元の話が尽きた時、私たちは比較的早く壁にぶち当たるんじゃないかなと思っている。 でも今は、使っている醤油が同じだとか、あの団子屋に久しぶり行きたいとか、そんなこと繋ぎ合わせながらでいいのかも。

 

 

広告を非表示にする