駆け抜ける師走

 

書いて消してをしなくなった。全部納得いかなかったら途中で下書きにポイ。公開してない記事の方が倍くらいある気がする。

 

 

師走思いのほか忙しい。

私が、というよりは彼が。

週に3日くらい残業しているのはなんとなくわかっているから、早く帰れる日に私の仕事終わりを待たせてまでご飯に行こうとは思わないし、でも会えないまま年をまたぐのかなあとか。

今日はあんなに楽しみにしていたのにゲームができないまま終電ギリギリまで職場にいたようで流石に参っていた。

あわよくば明日会いたいなあと心の中でタイミングを図っていたら、明日は職場の忘年会なのだと知ってちょびっと拗ねそうになった。焼き鳥に連れてってもらうことにした。

 

彼の山場は来週くらいかな。私の山場は再来週。すれ違う師走。かけぬけろ師走。

広告を非表示にする