離れる

 

忙しかった。前回の日記から、休みなのにずっと体が休まらなくて体調も崩して今日に至る。仕事の方は、年間で唯一忙しいであろう山を越えてまた平穏な日々に戻った(ということにした)。

 

 

2018年は、序盤でペンのチョイスをミスってスケジュール帳を投げ出した。9月始まりのものが6月まで売っているわけもなく、渋々3ヶ月分の空白を埋めて使うことにしたのだけれど、日記を見返したところで人に会ってなさすぎて空白が目立った。野球のスコアを書いてごまかす。

 

遠方の友人と電話して過ごすことが増えたからか、あまり外に出ることがないことに気がついた。お酒も飲まなくなったからお誘いもないし、そもそも時間を割いてまで会いたいと思う人がいないようだ(違うなあ、体に鞭打ってまで会いに行く体力がなくなったって感じかも)。

 

強いて言えば、美味しいお菓子を貰ったとか野球のチケットが安いとかと、なにかしら理由をつけて彼の人とは会っているくらい。でも一日中一緒にはいないからここら辺も変化だと思う。

 

 

久しぶりに読んだ「僕の好きな人が、よく眠れますように」は、相変わらずバカップルが世界を平和にしていた。読めば読むだけ、私は彼のことが好きなのだろうか?と悩む時間が増える。悩んでる割に答えも見つかるけど、その答えを受け入れるつもりはさらさらない。

暇だから毎日ネットで水着を探して、明日くる給料日を楽しみにしてバーゲンの予定を立てる。あっという間に今日が終わって行く。