固執すること

 

盆なので、両親と弟が墓参りをしに沿岸に行ってきた。私はというと、誘われたけれどこの酷暑の中、猫を置き去りにするのが可哀想すぎて行けなかった。案の定一日中ご飯もろくに食べずに玄関先で寂しそうに泣くか外を見ながら座ってる姿を見て可哀想だなって思った。私に懐いていないから仕方ないけど。

 

 

帰宅した両親から話を聞くと、久しぶりに弟が付いてきたから各親戚回りと友人宅と海に行ってきたようだ。楽しそうで羨ましかった。

 

仲は悪いけれど年に一度くらい祖父母に会う。私は5年くらい会っていないけれど、祖母ががんになってからなるべく挨拶だけは行くようにしたようだ。久しぶりに見た祖母は今までみたことないくらいふっくらとしていた。

 

 

昨日、友人と結婚について考えたことがいくつかあった。きっかけは先週の帰省時に「彼との関係」をどうするのか?と友人に問われたことから始まる。どうなりたい、という終着点がないから別にどうなってもいいけど漠然というなら一緒にいたい。ただ、その関係性になにかを求めたい気持ちは収まってしまったように思う。恋人でも友達でもその狭間でもそれ以下でもあまり気にしなくなったように思う。もちろんどこかで期待はしているけど。

 

 

 

今回の両親の帰省で真っ先に思ったのが、私も行きたかったなあということで、でももっというなら家族と行くのではなく帰りたいというのが大きい。彼の存在に固執しているのは、彼と一緒になれば私はいつでもどの立場でも故郷に帰ることができるというなににも変えがたい大きなものを手に入れられる。私は多分それがほしい。